がんと闘い続けたシングルファーザー、愛する息子のため里親を見つけ旅立つ(英)

がんと闘い続けたシングルファーザー、愛する息子のため里親を見つけ旅立つ(英)
愛する息子に里親を見つけて逝った父(出典:http://metro.co.uk)
何を置いても息子を優先してきた父親。父ひとり子ひとりという状況で2人は互いに支え合い、いろんなことを乗り越えて来たに違いない。しかし、がんと宣告され自分の命がいくばくも無いと知った時、シングルファーザーの父がしたことは、息子のために新しい里親を見つけることだった。愛する息子へのベストを尽くし力尽きた父のニュースが英紙『Metro』ら複数のメディアが伝えている。

英コーンウォールのフォックスホールに住んでいた二ック・ローズさん(40歳)は、9か月前に鎖骨にしこりがあることに気付いた。医師に骨肉腫と診断された彼は、化学療法を受け治療をしてきた。

二ックさんは4歳になるローガン君をひとりで育てており、愛する息子を残して旅立つという最悪な結果にならないためにも、何とかして治療でがんを克服したいという強い思いがあったに違いない。

しかし、ニックさんはがんに打ち勝つことはできなかった。あっという間に骨や肺に転移し、がんが存在する部位周辺から感染症を起こしたために化学療法は中止せざるを得なくなってしまったのだ。

余命わずかと悟ったニックさんが最期までこだわったのが、ローガン君に里親を見つけることだった。自分が居なくなっても幼い息子が寂しい思いをしないようにと、ニックさんは痛みを堪えながらも息子のために全力を尽くした。その甲斐あって里親が見つかり、現在ローガン君はデヴォン州トーキーで里親の家族と共に新しい生活を始めているという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年1月16日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。