女子刑務所に収監されたトランスジェンダーの女、性行為を繰り返し男性棟へ(スコットランド)

女子刑務所に収監されたトランスジェンダーの女、性行為を繰り返し男性棟へ(スコットランド)
トランスジェンダーの女が刑務所内で性行為(出典:http://www.torontosun.com)
心と体の性が一致しない“トランスジェンダー”は、刑務所でどちらの性として扱われるべきなのか。日本でもトランスジェンダーの受刑者が処遇の見直しを求めて刑務所に申し入れをするなど議論が盛んになっているが、このたびスコットランドでは…。

ペーター・ラングという名の男性として生まれたものの、女性として生きてきたトランスジェンダーのパリス・グリーン(23)は2013年、男2人と共謀しスコットランド・グレンロセスで46歳のロバート・シャンクランド氏を虐待の末殺害したとして懲役18年の有罪判決を受けた。

当時のパリスは性転換手術を切望しており、自分は女であると強く主張。身体は男性のままであったものの、スターリングの女子刑務所での服役を特別に許可されていた。しかし入所後5週間しかたっていない2013年12月、複数の受刑者らと淫らな関係を持っていることが発覚し、60キロ以上離れたエディンバラ刑務所の女性専用棟へと移送された。

それから3年を経た2017年、パリスはエディンバラの女性受刑者らと複数回にわたり性的関係を持ち、今度は女性専用棟から男性専用棟への移動を余儀なくされていたようだ。『dailystar.co.uk』は「刑務所内では複数の女性受刑者が性行為を求めていたが、それに対応できたのはパリスだけだった。最初は警告に留め黙認してきた刑務所長も、さすがに我慢の限界だったようだ」とその経緯を説明している。長い服役により性的欲求が高まり、パリスは求められるがまま、あるいは求めるままに性行為に走ってしまったということか…。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年2月9日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。