客室乗務員が機内で人身売買途中の少女を救う(米)

客室乗務員が機内で人身売買途中の少女を救う(米)
人身売買を未然に防いだCA(出典:http://www.wtsp.com)
世界中で子供たちが犠牲になっている人身売買を阻止すべく、昨年アメリカの移民税関捜査局は2,000人の人身売買に関わった人物の逮捕と、400人の犠牲者の身分を特定した。しかし、人身売買犯罪の検挙に努めるのは警察や税関捜査局員だけではない。国境を越えた人身売買を阻止するために、客室乗務員(以下CA)にも訓練が行われているという。このほど2011年に起きた「CAが人身売買を未然に防いだ」というニュースが米『10 News』ら複数のメディアで伝えられている。

2011年、シアトルからサンフランシスコへ向かうアラスカ航空機のCAを務めていたシェリア・フレデリックさん(49歳)は、ある2人の乗客に目を留めた。

座席には14~15歳ぐらいのベトついたブロンドヘアの少女が、身なりのいい年上の男と隣同士で座っていた。フレデリックさんは2人の乗客のあまりにも違う身なりを見て直感的に「この2人は何かおかしい」と感じたという。

そこで、フレデリックさんは男に話しかけた。ところが男は警戒心を露わにした様子だったため今度は少女に話しかけたが、少女はフレデリックさんの質問には一切答えようとはせず代わりに男が答えるのみ。この様子を見て、ますますフレデリックさんの心の警告音は高鳴ったという。

自分と目も合わせようとしない少女と男の関係を不審に思ったフレデリックさんは、少女にトイレに行くようにそっと耳打ちした。彼女のためにトイレの鏡の上にメモを置いておいたところ、少女が「助けて」とメモに残したため、フレデリックさんはパイロットに事情を報告。通報を受けた警察はサンフランシスコ空港のターミナルでこの少女を無事に保護することができた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年2月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら