中国製旅客機C919が年内にも初飛行 カタール航空CEOが強い興味

中国製旅客機C919が年内にも初飛行 カタール航空CEOが強い興味
「中国商用飛機」のC919型旅客機あと少しでお披露目飛行(出典:http://shanghaiist.com)
「中国が開発・生産にあたった旅客機にあなたは命を預けられますか?」 ほかの国の報道ではそんな意地悪なタイトルすら見受けられたこの話題。上海を本拠地とする民間航空機メーカーによる旅客機が、順調にいけばあと数か月でお披露目フライトを迎えるとのこと。搭載するエンジンとアビオニクスは実績ある国外メーカーによる生産とわかり、「ホッとした」との声もあがっているようだ。

その旅客機は中国政府が100%出資した「中国商用飛機有限責任公司(Commercial Aircraft Corporation of China, Ltd 以下COMAC)が開発を進めてきた『C919』。客室内の通路が1つのいわゆるナローボディ機で、『China Daily』が伝えた最新データによれば座席数は150以上、航続距離は平均4,075kmとなるもようだ。2006年にスタートし、国内の200以上の企業と36の大学が参画する一大プロジェクトであることが2015年11月に大きく報じられた。

ボーイング737のライバル機となることを意識している様子のC919だが、世間からは「中国が旅客機など製造できるわけがない。自主開発などウソ」、あるいは「質の悪いパクリ旅客機と世界からバカにされるくらいなら、重要な部品はむしろ国産でない方が安心」といった声が多数聞かれた。当初予定されていた2016年初飛行という計画は頓挫し、C919がやはり“純国産”などではないことも徐々に分かってきた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年2月11日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。