このほどグラミー賞に登場した歌手ケイティ・ペリーが、かつて精神的に不安定になり突然頭を丸めたブリトニー・スピアーズをネタに“まったく笑えない発言”をしてしまった。それを知った一部のファンは落胆し、「ケイティに対する尊敬の心はこれでゼロになった」などとSNSに書き込んでいる。


今から10年前のこと、突然ヘアサロンを訪れ自分の髪をバリカンで剃り丸坊主にしたブリトニー・スピアーズ。かなり精神的にも不安定に見えた当時のブリトニーを多くのファンが心配したものだが、今は新恋人もでき仕事や私生活も順調である。

しかしこのほど開催されたグラミー賞授賞式レッドカーペットに登場したケイティ・ペリーは、金髪に染めた髪に絡めてこのように話したのだ。

「こんな風に話していたの。この色って、私が唯一試したことのない色じゃないかしらって。」
「もうありとあらゆる色に挑戦したもの。未経験なのは、頭の毛を剃ることだけね。
でもそういう行為って、人前で心身衰弱を晒す時のためにとっておこうと思ってるの。」

またケイティは別のインタビュアーにマイクを向けられ、こうも語っている。

「(私が少し音楽活動を休んだのは)メンタルヘルスをケアするためだわ。だからまだ頭の毛を剃っていないのよ。」

ブリトニーの“忘れたい過去”を蒸し返したケイティに、ブリトニーのファンは激怒。「ブリトニーに謝罪せよ」「ブリトニーに一体何をされたというのか」といった批判がケイティのTwitterに多数書き込まれているが、今のケイティはこれらコメントにつき釈明や謝罪もしていない。

出典:https://www.instagram.com/recordingacademy
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)