メラニア・トランプ夫人の苦悩 「ファーストレディ生活は不幸で惨め」

メラニア・トランプ夫人の苦悩 「ファーストレディ生活は不幸で惨め」
メラニア夫人、ハッピーではない様子?(出典:https://www.facebook.com/MelaniaTrump)
ドナルド・トランプ氏のまさかの大統領選勝利により、アメリカのファーストレディとなったメラニア夫人。しかしそのあまりにも重い責任、また人々の目にメラニア夫人は大きな重圧を感じ苦悩しているもよう。トランプ氏との結婚により華で裕福な生活を手に入れた彼女にとって、ファーストレディの立場は“夢見ていたもの”とはほど遠かったようだ。

バラク・オバマ元大統領の妻ミシェル夫人は、明るく気さくな性格で人々を和ませ国民におおいに愛された。またファーストレディとしての仕事にも向いていたもようで、TV番組に出演しては正しい食生活につき話す、また子供達とダンスを楽しむなどして尽力したが、現ファーストレディのメラニア夫人は、あまり良い気はしていないのだという。トランプ大統領一家の友人でスタイリストでもあるという人物は、『Us Weekly』にこう話している。

「このような暮らしを、彼女は夢見ていなかったんです。夢見ていたのは夫ドナルドの方なんです。」
「本当に、対処すべきことが多すぎるんですよ。」

ちなみにメラニア夫人と10歳の息子バロン君は、バロン君のスクールイヤーの区切りがつく夏まではニューヨークに残る予定。しかし今は自宅トランプタワー前にも抗議者が多く、バロン君の学校への送迎もシークレットサービスに完全に任せているとのこと。メラニア夫人は自分の存在ゆえに息子の安全まで脅かされると心配している様子だが、その不安の大きさは想像に難くない。また先日、人気誌『VOGUE』が「これまでもファーストレディを表紙にしてきた」「メラニア夫人も例外になるとは思えない」と語り、同誌の不買運動にまで発展した。改めてトランプ家の人気のなさが明るみになり、メラニア夫人は少なからず傷ついたはずだ。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年2月16日の国際総合記事
「メラニア・トランプ夫人の苦悩 「ファーストレディ生活は不幸で惨め」」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    オバマ夫妻だって離婚の危機だったじゃん。

    3
  • 匿名さん 通報

    どこの国のファーストレディだって同じだよ。世間に晒されて幸せなわけない。でも惨めではないよ。

    3
  • 匿名 通報

    耐えるしかないね、ファーストレヂィに、なっちまったんだからなしょうがねえな。( ̄▽ ̄;)

    2
  • 匿名さん 通報

    いつもツーンとすましてて感じ悪い

    0
  • 匿名さん 通報

    正直、国交の場面からファーストレディーって慣習は無くしてもいいと思う。これって男尊女卑時代の名残(なごり)みたいなもんだし。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。