結婚し双子をもうけた元夫にも、「マライア・キャリーのドキュシリーズ(8回分すべて放映済み)は完全にフェイクだと思う」「イケメンダンサーとの新ロマンスには興味もない」と猛烈に批判され、「ありゃ、マジで昼メロだな」とコケにされてしまったマライア・キャリー。そんな彼女の方向性を過去の関係者も心配しているが、肝心のマライアは本当に若きダンサーに夢中になってしまったのか、将来子供達が見たら卒倒しそうな写真までインスタグラムにアップしている。


最近再びインスタグラムを更新するようになったマライア・キャリーが、満たされた表情で年下のイケメンダンサー、ブライアン・タナカ氏(33)とホットタブでくつろぐ様子、さらにはウットリとした表情でキスを受ける熱愛ショットなどを次々にアップしている。恋をしているからか、もしくは少し痩せて若がえったからか年の差はあまり感じないが、フォロワーからはこのようなコメントが見受けられた。

「相手は子供。欲しいのはマライアの金だろう。」
「まるで彼のオバさん。」
「(婚約していた)ジェームズ・パッカーには、金も品もあったのに。」

しかし「ブライアンはハンサムよ」「マライアもラッキーだと思う」とこの関係を好意的に見ているファンもおり、反応は様々だ。

なおマライアのように自身のショーを支えるダンサーと男女の仲になるセレブは少なくはなく、ジェニファー・ロペスもイケメンダンサーと男女の仲になり話題になるも、破局。同じく歌手ブリトニー・スピアーズはダンサーと結婚し息子2人を産んだが、やはり離婚した。
また60代の迫るマドンナも年下が好きで過去には20代ダンサーと恋仲に。こちらも破局したが、今は30歳以上年下のモデルと交際中と伝えられている。

自立して成功した彼女達は人生もしっかり楽しんでおり、誰にもそれを批判する権利はない。ちなみにブライアン氏の人気は高まっており、インスタグラムのフォロワー数も12万人を突破した。彼は大変容姿も良いため、たとえマライアと破局しても人気は維持できるのかもしれない。

出典:https://www.instagram.com/mariahcarey
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)