全身50%以上をトコジラミ(南京虫)に噛まれた96歳 合併症で死亡(米)



デボラは「2015年9月頃からトコジラミの問題を把握していた。ホームセンターでトコジラミ専用のグッズを購入して対策にあたったが、経営難で害虫駆除業者を呼ぶ余裕がなかった。トコジラミはメアリーさんが持ち込んだもので、彼女が亡くなる1か月前にはかかりつけ医のところに連れて行っている。その後の健康状態は良かった」と主張している。

ここ数年はニューヨークの五つ星ホテルもトコジラミに泣かされているという。ゴージャスな一流ホテルのベッドシーツにトコジラミがうごめいているとしたらそれは大問題だが、最近は薬剤耐性を身につけた「スーパーナンキンムシ」なるものが存在し一度発生すると非常に厄介なようだ。ただし米ミシガン州ではある女性がトコジラミを退治しようとして消毒用アルコールを用い、それがストーブに引火。アパートが全焼したケースも報告されている。

出典:http://www.eveningsun.com
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年3月3日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。