4月よりスタートするドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』(フジテレビ系)で主人公・九条櫻子役を務める観月ありさが、Instagramに「櫻子さんルック」を披露した。「革ジャンに白トップスに黒デニム」という彼女のプロポーションが際立つコーディネートで「かっこいい~!!」「素敵すぎます」とフォロワーの目を釘付けにしている。


ドラマ『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』は太田紫織さんによるミステリー小説をもとに実写化したものだ。主演の観月は3月5日に『観月ありさ alisa_mizuki Instagram』で「アニメでは白シャツデニムって感じですが…」「監督やスタッフと相談しドラマ版では少しハードな感じになりました! 骨好きヘビメタ好きの櫻子さんなので!!!」とファッションの工夫を明かしている。そのドラマ版「櫻子さんルック」を見事に着こなしており「日本一のスタイルと思います。昔のグラマラスのセミヌードで驚愕したのを思い出しました」というファンもいるほどだ。

観月演じる九条櫻子は日本に数名しかいない骨格標本を組み立てるプロの“標本士”で、Kis-My-Ft2藤ヶ谷太輔演じる博物館技術補佐員・館脇正太郎とバディを組み難解な事件に挑む。スタイルのよい観月と藤ヶ谷が並んで活躍する姿が楽しみである。


出典:https://www.instagram.com/alisa_mizuki
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉