「性別の無いエイリアンになりたい」 理想を求め110回整形した男性(米)

「性別の無いエイリアンになりたい」 理想を求め110回整形した男性(米)
高額な費用をかけて理想のエイリアンを目指す男性(出典:http://www.mirror.co.uk)
世の中には、理想の姿を求めて高額な費用をかけて整形する人があとを絶たない。しかし理想像が人間ではなく「エイリアン」だとしたら、その追求は恐らく果てしないものではないだろうか。アメリカにそのエイリアンに近付くため100回以上の整形を繰り返した男性がいる。しかも彼は今後、性器や乳首、へその除去を計画しているというのだ。英紙『Mirror』や『The Sun』が伝えている。

米カリフォルニア州ロサンゼルスに暮らすヴィニー・オーさん(22)が自分の姿に違和感を抱いたのは、17歳の時。真の自分への追求を目指した彼は、その年にリップフィラーをした。

現在、メイクアップアーティストでありパートタイムのモデルをしているヴィニーさんは、鼻形成術や眉・頬骨へのフィラー、しわ取り施術にボトックス注射、顔面ピーリングにクライオセラピー(極低温治療法)などの整形を何度も繰り返し行ってきた。これまでに受けた施術回数はなんと110回、総額40,000ポンド(約560万円)にも上る。

ヴィニーさんの姿を見て、やはり驚く人も少なくない。眉はなく、張り詰めた陶器のような肌に分厚い唇、目にはヴィニーさん曰く「動物的で美しい」真っ黒のコンタクトレンズが挿入され、エイリアンのように鋭く尖るかぎ爪を持っている。そしてその「エイリアンに見える」ルックスこそ、ヴィニーさんが目指す理想の姿なのだ。

「僕は、男性でも女性でもなく性別を感じさせない“extra-terrestrial(地球圏外の生物 ET)”に見られたくてこれまで自分の姿形を変えてきました。心の中で思っているような感情を外側にも出したいと思った時に、自分の理想の姿はハイブリッドのエイリアンだと気付いたのです」とヴィニーさんは話している。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月9日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。