妊娠中の恋人を盾にSWATと銃撃戦の男 恋人は被弾し死亡(米)

妊娠中の恋人を盾にSWATと銃撃戦の男 恋人は被弾し死亡(米)
恋人の陰に隠れて弾から身を守ったサイテー男(出典:http://gossiponthis.com)
不法薬物所持の疑いがある犯罪常習者の自宅に銃を手に迫った警察官たちがやってきた。「まずい!」と思った容疑者は若い恋人の陰に隠れながら寝室から発砲した。体を盾にされた無実の女性は警察官が放った何発もの弾を浴びて死亡。なんと妊娠中であったという。このほど米フロリダ州で…。

事件が起きたのはフロリダ州インディアンリバー郡で19日午前5時45分ごろのこと。郡保安官および代理は、それぞれに多数の犯罪歴があるギルフォードのアンドリュー・コーヒー3世(37)と息子のアンドリュー4世(23)について逮捕令状を取り、特殊部隊SWATを引き連れてその自宅を急襲。すると息子のアンドリュー4世が自分の寝室の窓から発砲し、それをきっかけに銃撃戦が始まった。保安官代理のケルシー・ゾークさんも被弾して負傷したという。

その銃撃戦で命を落としたのは、アンドリュー4世の恋人で彼の子をお腹に宿して間もないアルテリア・ウッズさん(21)。卑怯なアンドリュー4世は寝室にいたアルテリアさんの体の陰に隠れ、盾にされた彼女が被弾した。司法解剖が進められているが、アルテリアさんは体の複数個所を撃たれた可能性があるという。アンドリュー4世は自分の恋人を盾にした一方で、祖母のビビアン・スコットさん(52)には床に伏せるよう告げたこともわかっている。

発砲した警察官はSWATの隊員3名。広報担当者は発砲の回数を「まだ調査中」としているが、アンドリュー4世は40発ほどと主張しており、ギフォードの町では「殺意が感じられる行き過ぎた発砲」と警察に抗議する声もあがっている。すべての非はアンドリュー4世にあるものの、ダリル・ロアー保安官による記者会見はアルテリアさんに対する謝罪を含んだ苦悩に満ちたものとなった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年3月28日の国際総合記事
「妊娠中の恋人を盾にSWATと銃撃戦の男 恋人は被弾し死亡(米)」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    犯人の父親と息子の年が14歳しか離れてない⁉️

    11
  • 匿名さん 通報

    可哀想といえば可哀想だけど、子供が生まれてもクズの再生産になるだけだろ。こんな環境じゃ。

    7
  • 匿名さん 通報

    立ってるものなら親でも使え

    5
  • 匿名さん 通報

    腐れ外道が‼️

    3
  • 匿名さん 通報

    銃規制は、当分無いだろうし、こんな事件は続くんだろうよ・・死刑は、無いし犯罪者天国だよね

    3
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら