友人の息子が余命わずか 集まった寄付金をギャンブルに使い果たした女(英)

友人の息子が余命わずか 集まった寄付金をギャンブルに使い果たした女(英)
友人の息子に集められた寄付金をギャンブルで使い果たした女(出典:http://www.express.co.uk)
多くの人からの善意により集められた友人の息子への寄付金を、ある女がギャンブル目的で引き出し全て使い果たしていた。このほどその女に、10か月の実刑判決が下されたことを英『Express』など複数メディアが伝えたが、世間からは「刑期が短すぎる」という怒りの声があがっている。

人格障害を患う夫、10歳、2歳、生後10か月の3人の子供と英ドーセット州クライストチャーチに住むシャーリーン・マックネイリー(30歳)。彼女は子供時代からの友人アレックス・カイリローさん(32歳)の息子で9歳のオリバー君が余命幾ばくも無いと知り、オンライン募金サイト「GoFundMe」にアカウントの開設を申し出た。しかしシャーリーンは7か月間で集められた寄付金2123.54ポンド(約29万円)全てを習慣化していたギャンブルに投じ、その後息子を亡くしたアレックスさん家族を悲しみのどん底に突き落としたのだ。

当時のオリバー君は脳腫瘍を患っており、診断を受けた時には既に末期の状態だった。地元でタクシー会社を経営していたアレックスさんは、病に伏せる息子の側にいてやりたいという気持ちから、生活が苦しくなることを承知で会社を閉鎖し、妻のエイミーさん(29歳)と共に病院でつきっきりの日々を送っていた。しかし診断から8か月後の昨年2月、オリバー君は他界した。

オリバー君のために設置されたアカウントの寄付金は、管理者だったシャーリーンからアレックスさん家族のもとへ届けられるはずだった。ところがアレックスさんがオリバー君のための葬儀費用を渡してほしいと再三連絡を試みるも、シャーリーンは「サイト側が寄付金を差し押さえている」といった嘘をつき、そのお金でオンラインのビンゴやスロットマシーンなどギャンブル三昧の日々を送っていたのだ。しかもギャンブルで得た利益で、自分の家族にプレゼントを購入していたという。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月18日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。