コイン形リチウム電池を誤飲した2歳児 一命は取り留めるも、下半身麻痺か(英)

コイン形リチウム電池を誤飲した2歳児 一命は取り留めるも、下半身麻痺か(英)
コイン形リチウム電池を誤飲した2歳児(出典:http://www.derbytelegraph.co.uk)
イギリスに住む2歳のケイシー・バラデルちゃんは、親の目が届かないところで車のカギに組み込まれていたコイン形リチウム電池を飲み込んだ。電池は食道に留まり、ケイシーちゃんの容態は悪化。医師の処置も遅れたことから生死の境をさまようことになってしまう。『Derby Telegraph』が伝えている。

「コイン型リチウム電池の誤飲がどれだけ危険であるか、多くの人に知ってほしいと思います。2歳の娘はもう歩くこともできないかもしれません。一命を取り留めたことは幸運だったとしか言えません。」

そう語るのは、英中部ダービーシャー州ダービー在住の3児の母シェリル・ベルさん(27)だ。今年2月、末娘のケイシーちゃん(2)が突然の呼吸困難に陥った。ケイシーちゃんはこの数日前に下痢、嘔吐で医師の診察を受けていたが、その時は軽い風邪でも引いたのだろうと帰宅していた。

救急搬送された病院でレントゲン検査の結果、ケイシーちゃんの食道には小さなコイン形リチウム電池が引っかかっていることが判明する。この電池は食道に留まると非常に危険で短時間で重症化するため、ケイシーちゃんには緊急摘出手術が施された。しかしその1週間後、今度は突然吐血した。

バーミンガム子供病院に搬送されたケイシーちゃんの身体には、再びメスが入れられた。手術は6時間にも及び、ケイシーちゃんは今も入院中である。

医師によると、誤飲されたコイン形リチウム電池は体内で放電し腐食するため、摘出した後も最低1か月は注意深い観察が必要であるという。ケイシーちゃんの場合は摘出までの時間が長かったため、食道、気管、そして背中側を通る大動脈までもが損傷を受けていた。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュース

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月19日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。