映画『タイタニック』のちょっと怖い仮説 「ジャックには死の必要があった。なぜなら…」

1997年の大ヒット映画『タイタニック』で、短く激しい恋に身を焦がす若いカップルを熱演したレオナルド・ディカプリオ(ジャック・ドーソン)とケイト・ウィンスレット(ローズ・デウィット・ブケイター)。そのストーリーにつき、思わずゾッとするものの「なるほど…」と納得してしまう“ある仮説”が話題になっている。なんでも「ジャックは死なねばならなかった」というのだ。劇中では愛する恋人が生き残ることを信じて命を落としたジャックだが…。

映画『タイタニック』で、レオナルド・ディカプリオ演じる貧しい青年ジャック・ドーソンは、ケイト・ウィンスレット演じる令嬢ローズ・デウィット・ブケイターと熱愛関係に。しかし2人の乗る豪華客船は氷山に衝突し、巨大な客船は徐々に深い海底に沈む。凍える海の中でジャックはローズが乗れる大きさのドアを発見し、そこに彼女を乗せて自身は凍死してしまう。このストーリーにつき、「reddit(レディット)」のあるユーザーが以下のような説を唱えている。

■突然の出会い
愛を感じない相手との婚約で苦悩するローズは、ある晩「船から水中に飛び込み死のう」と決意。そこに全く身分の異なるジャックが偶然にも現れるという不自然さに加え、劇中ジャックはどんどん惹かれあうローズに対し「自由にならなきゃ」「そうじゃなきゃ、君は死んでしまう」と発言している。これはローズの精神的な疾患を暗に示すセリフだった可能性では?

当時の記事を読む

レオナルド・ディカプリオのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「映画『タイタニック』のちょっと怖い仮説 「ジャックには死の必要があった。なぜなら…」」の みんなの反応 7
  • 匿名さん 通報

    ジャックが書いた絵があるやん

    23
  • 匿名さん 通報

    ジャックが描いた絵にJDってしっかりサインが残されていたのだから、ローズの想像の産物なんて無責任な記事を書かないで!…ファンの宝物に泥を塗らないで。

    20
  • 匿名さん 通報

    ひどいこと書くなぁ

    10
この記事にコメントする

もっと読む

「レオナルド・ディカプリオ」に関する記事

「レオナルド・ディカプリオ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「レオナルド・ディカプリオ」の記事

次に読みたい「レオナルド・ディカプリオ」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月30日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。