2歳で1日に40本喫煙の男児 葛藤の末、禁煙と減量に成功

慣れた手つきでプカプカとタバコの煙を吐き出す姿が世界中で波紋を広げ、一躍有名になったインドネシアの男児を覚えているだろうか。わずか2歳だったにもかかわらず1日40本も喫煙している男児の姿は、“児童喫煙”の深刻な問題として取り上げられた。しかし9歳になった現在、タバコをすっぱり止めた男児は健康な学校生活を送っているという。英紙『Mirror』など複数メディアが伝えている。

インドネシアのスマトラ島にある小さな村に暮らすアルディ・リザル君がネット上で有名になったのは2010年、2歳の時だった。父親のムハマドさんが、アルディ君が1歳半の時に与えたタバコがきっかけで、すぐにニコチン依存になったアルディ君はタバコを与えられないと酷い癇癪を起こすようになり、2歳の時には1日に40本もの喫煙が習慣化してしまった。

この姿が世界で報じられると、当然のことながら物議を醸し、「女性のエンパワーメント・児童保護省(Woman’s Empowerment and Child Protection Ministry)」がアルディ君の両親やアルディ君が住む自治体の調査を行った。アルディ君の喫煙は国際的な関心を集め、インドネシア政府が介入して専門家のもとで徹底した治療を受けさせるなどして禁煙をサポートした。アルディ君の母ダイアンさんは当時、メディア取材にこう答えていた。

「禁煙した最初は、酷いぐずりようでした。タバコを止めた時に代わりとしてたくさんのおもちゃを欲しがったりもしました。自分の思うようにならない時には壁に頭を打ち付け泣き叫んだりしたので、最初の頃はついタバコを与えてしまっていました。」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク