タクシーなどでの移動中に、渋滞に巻き込まれるとついついイライラしてしまう。「怒っても焦っても仕方のないこと」と分かっていながら運転手に文句を言う人もいるが、ジゼル・ブンチェンは「今がチャンス」とばかりに瞑想をするそうだ。
多くのセレブ達が好み実践しているという瞑想だが、それにはどのような効果があるのか。

このほどジゼル・ブンチェンが『David Lynch Foundation』が開催した式に出席し、そこで普段から実践している瞑想についてこう語った。

「タクシーの後部座席は、瞑想する場としては珍しいかもしれないわ。」
「渋滞が起きるなかで街を移動することもあるけど、そんな時間こそ(瞑想し)精神を統一するにはうってつけよ。」
「精神を統一すれば、移動の負担も減るし。」

ジゼルのように瞑想に励む歌手や映画関係者は多いが、瞑想を続ける主な理由はストレス解消のようだ。以下のセレブ達の過去のコメントも、あわせてご紹介しておきたい。

ケイティ・ペリー
「私は、毎日起きたらすぐに超越瞑想をするの。そうすると最高の気分になれるわ。
目覚めたら、20分間かけてベッドの中で瞑想するの。」

ヒュー・ジャックマン
「(瞑想の利点は)全てから解放されることだ。自分という人間からも。そして父、夫という立場からもね。」

クリント・イーストウッド
「超越瞑想を、俺はもう40年近く続けている。ストレスにはもってこいだ。」

ニコール・キッドマン
「瞑想は好きよ、普段は超越瞑想をするの。20代の前半に始めて、その利点を学んだわ。毎日続ける努力をしているの。」

「超越瞑想」にこだわるセレブも多いが、これも難しくはなく心の状態を落ち着かせる効果があるのだとか。
また一般的な瞑想にもストレスを緩和し集中力を高める効果が期待できるというから、心が不安定な時、そしてストレスが溜まっている時には試してみる価値があるかもしれない。ちなみに基本的な方法は「心を無にしゆっくりと呼吸すること」だが、ストレスマックスの時に心を無にできるかが課題となりそうだ。

出典:https://www.instagram.com/gisele
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)