学校で酷いいじめを受けた8歳男児、その2日後に自殺(米)

学校で酷いいじめを受けた8歳男児、その2日後に自殺(米)
殴られて意識を失った児童、2日後に自殺(出典:http://www.chicagotribune.com)
たったひとりの我が子が自ら命を絶ってしまった。その原因が、学校で起こっていたいじめだと知った母の悲しみはいかほどであっただろうか。米オハイオ州で起こったあまりにも悲しい事件を米『WLWT Channel 5』や『Chicago Tribune』など複数メディアが伝えている。

今年1月24日、オハイオ州シンシナティのプライス・ヒルにあるカーソン小学校で3年生のガブリエル・タイエ君(8歳)が、学校内のトイレで数人の児童から激しいいじめを受け、失神した。

5月12日に公開された監視カメラによると、ガブリエル君はトイレの壁に向き合うように立っており、数人の児童が暴力を振るっているのがわかる。ある児童が思いっきり突き飛ばしたため、ガブリエル君は頭を打ち付けたのであろう、意識を失い床に倒れた。

ガブリエル君が倒れているにもかかわらず、他の児童は素通りしたり、倒れているガブリエル君の体をまたいだり、足でガブリエル君の体をつついたりしている様子まで映像に収められている。教頭や学校スタッフ、保健室のスクールナースが駆け付けたのは、ガブリエル君が失神してから4分半後のことだった。

その夜、ガブリエル君の母コーネリア・レイノルズさんは息子が嘔吐したことを知り病院に連れて行ったが、医師からは「胃腸炎」と診断された。学校側はいじめがあったことに触れず、コーネリアさんに「ガブリエル君が失神した」とだけ伝えていた。コーネリアさんは、同日に「学校で何があったの」と聞いたが、本人はただ「わからない」とだけ答えていたという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年5月21日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら