クワオハ小原が“イナバウアー返し”に挑戦 荒川静香が直接指導

クワオハ小原が“イナバウアー返し”に挑戦 荒川静香が直接指導
笑顔の荒川静香に、このポーズに「苦しい」と小原正子
       
お笑いコンビクワバタオハラ小原正子とプロスケーターの荒川静香が26日、都内にて開催されたオタフクソースのPRイベントに出席した。お好み焼きを普段からよく食べるという2人だが、荒川の指導のもと、小原がお好み焼きの“イナバウアー返し”を披露して、場を沸かせた。

『お好みたべよ!だってたっぷり野菜だもん。オタフクHealthy宣言』イベントに登場した小原と荒川は、ともに妻でもあり母でもある。関西出身の小原は「お好み焼きを食べておけばヘルシーだし、バランスも良いし、子供に作って出している」と語り、具は「必ず大きめのじゃがいもを入れる。ちくわや甘辛く煮込んだ牛すじも入れる」とこだわりを見せた。


一方、荒川は「母は関西出身ではないが、お好み焼きと一緒に白いご飯を食べる」と自身の母もお好み焼きが好きだと明かし、具として「冷蔵庫をきれいにする勢いで、ある野菜を全部入れる」そうで、ピーマンに黄色とオレンジのパプリカも入れたカラフルな一品のようだ。


ステージでは、料理研究家の高橋善郎氏による「一日に必要な2/3の野菜がとれちゃう!お好み焼き」の調理実演が始まり、お好み焼きを返す作業が小原に託された。ここで、荒川静香で一躍有名になった“イナバウアー”のスタイルで返してほしいというリクエストが飛び出した。イナバウアーは本来は両足のつま先を外側に開いて足をそろえることで体を後ろに反らせることではないが、今回は体を反らせてお好み焼きを返すという無理難題に挑戦することに。小原は「こう?」と荒川に指示を仰ぎ、荒川も「こっちからいった方がいいかな? 難しいですね」とこれまで経験がないだけに頭をひねっていた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ウーマンラッシュアワー」のニュース

次に読みたい関連記事「ウーマンラッシュアワー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「森三中」のニュース

次に読みたい関連記事「森三中」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ニッチェ」のニュース

次に読みたい関連記事「ニッチェ」のニュースをもっと見る

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。