ジャスティン・ビーバー、観客にペットボトルを投げつけられる

ジャスティン・ビーバー、観客にペットボトルを投げつけられる
「歌詞が分からないから無理!」とファンのリクエスト曲を拒否したジャスティン
このほどストックホルムにてステージに立ったジャスティン・ビーバーに、現地のファンが「あのヒット曲“Despacito”を歌って」とリクエスト。しかし歌詞にスペイン語が含まれるため、ジャスティンは「とてもじゃないが生歌は無理」と断った。するとファンのひとりが苛立ち手にしていた水入りのボトルを、ジャスティンに向かって投げつけたという。

「『Despacito』を歌ってほしい!」

ストックホルムで開催された『Summerburst Festival』に登場し、あるファンからそのようなリクエストがあったジャスティン・ビーバー。レコーディングは完璧にこなし美しいスペイン語の歌詞もバッチリ決めたはずなのだが、ジャスティンは「その曲なら無理」と即答、その理由をこのように明かした。

「だって、その曲は(歌詞さえ)知らないんだ。」

これを聞き、ひとりのファンが水の入ったボトルをジャスティンに向かって投げるという行動に。しかし俊敏なジャスティンはこれを難なくかわし、しかも激昂することなく落ちついた様子でこう語っている。

「どうか僕に向かって物は投げないで。」

ちなみに同曲は実に難しいもようで、5月にはステージで歌ってみたものの見事に歌詞を忘れたジャスティンは、とりあえず「blah, blah, blah」と適当なことを口走ったほか、次のようなデタラメな歌詞で最後までしのいだ。

「俺は、歌詞を、知らない。だからこう言うよ、Dorito/Despacito」
「俺は食べちゃったのさ、ブリートをね。そう、欲しいのさ、ブリートがね。」

ずいぶん丸くなった様子のジャスティンだが、2013年にはブラジルのステージであるファンにペットボトルを投げつけられ激怒。その衝撃でマイクを落としたジャスティンは客席を一瞥し、ステージから姿を消したことがあった。今回は非常に冷静でキレることもなかったが、ボトルが命中していたらひと騒動あったかもしれない。



(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ジャスティン・ビーバー Instagram
  2. ジャスティン・ビーバー セリーナ・ゴメス
  3. ジャスティン・ビーバー ピコ太郎
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年6月14日の海外セレブ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ジャスティン・ビーバー + 婚約」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + 婚約」のおすすめ記事をもっと見る

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事

「ジャスティン・ビーバー + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スイフト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。