『ボク運』最終回で“30年後”が見てみたい 「神様ロス」訴える人も

『ボク運』最終回で“30年後”が見てみたい 「神様ロス」訴える人も
木村文乃、『ボク運』エンディングテーマで踊る姿(画像は『木村文乃 2017年6月17日付Instagram』のスクリーンショット)
亀梨和也主演による日本テレビ系土曜ドラマ『ボク、運命の人です。』が6月17日で最終回を迎えた。前話で正木誠(亀梨)の前から忽然と姿を消した「神様」を名乗る謎の男(山下智久)が、今回は誠とは会わない形で登場すると「30年後」というワードを残して去って行く。未来への期待を持たせつつ終わったことからツイッターでは「続編が気になります」というつぶやきが飛び交っている。

ヒロイン・湖月晴子を演じた木村文乃は13日にオールアップしており、最終話の放送日には『木村文乃 fuminokimura_official Instagram』で「早朝から土いじり始めてもうくたくたなどうも木村です」と切り出した。1話から続いた小さな「奇跡」が重なり「運命ってあるんだ」と思える結末に「…うん。と微笑めるようなそんな最終回になっています」という。

彼女も視聴者として見届けたのだろう。エンディングで主題歌『背中越しのチャンス』(亀と山P)を踊る映像を公開して「頭の中に主題歌が流れたあなたは間違いなくボク運通です。深謝」と結んだ。

第9話で正木誠に未来から来たあなたの息子だと正体を明かした謎の男・正木一郎だが、誠から自分と会った記憶を消去していなくなった。最終回の第10話では誠の他に一郎として唯一姿を見せた定岡光圀(満島真之介)に会って別れを告げる。その際に「30年後に一緒にゴルフするから! 誠にキャディーやらせよう」と言い残す。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 亀梨和也 ドラマ
  2. 亀梨和也 山下智久
  3. 亀梨和也 深田恭子
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年6月18日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「亀梨和也 + ドラマ」のおすすめ記事

「亀梨和也 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

「亀梨和也 + 山下智久」のおすすめ記事

「亀梨和也 + 山下智久」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山田涼介」のニュース

次に読みたい関連記事「山田涼介」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。