空港に置き去りにされたチワワ 「この子を愛してあげて」飼い主のメモが切ない(米)

空港に置き去りにされたチワワ 「この子を愛してあげて」飼い主のメモが切ない(米)
置き去りにされたチワワ犬(画像は『Connor and Millie's Dog Rescue CMDR 2017年7月5日付Facebook「Yo Las Vegas!! Chewy here Arhoooo! Letting you know I'm healing up and I'm checking out all these fine offers for a home!!」』のスクリーンショット)
「これ以上面倒が見られないから」とペットを捨ててしまう心無い飼い主はあとを絶たないが、このほど生後3か月のチワワ犬が空港のトイレに置き去りにされたというニュースが飛び込んできた。しかしこの背景には、飼い主がDV被害を受けておりやむなくペットを手放すという深刻な理由があったようだ。米『PEOPLE Pets』『KSNV』『WGHP Fox 8』など複数メディアが伝えた。

米ラスベガスにあるマッカラン国際空港内のトイレで、オスのチワワ犬が旅行者によって発見された。犬のそばには飼い主の手書きのメモがあり、このように綴られていた。

「やぁ、僕の名前はチューイーです。僕の飼い主はDV被害に遭っていて、僕を飛行機に乗せることができませんでした。彼女はどうしても僕を手放したくなかったんだけど、他に選択の余地はなかったんです。」

そして、飼い主自身の心情も添えられている。

「元ボーイフレンドが喧嘩中にチューイーを蹴ってしまい、頭にコブができました。チューイーは獣医に診せる必要があると思います。私はこの犬が本当に大好きです。どうかチューイーを愛し、大切にしてやってください。」

DV被害に遭っていたと見られるこの飼い主が、一刻も早く加害者から逃げなければならない状況であったのだろう。しかしペットを連れて行くことは叶わず、空港内のトイレに置き去りにするという苦渋の決断を下したようだ。

発見された後、チューイーはすぐにラスベガスにある犬のレスキューセンター「Connor & Millie’s Dog Rescue」に保護された。同センターのFacebookアカウントに7月2日、チューイーのことが投稿されると多くのユーザーから「引き取りたい」と申し出があった。施設スタッフは予想外の申し込みがあったことに感謝し、「みなさん、本当にチューイーのことを気にかけてくれてありがとう。ただ残念ながら、チューイーを引き取ってくれるのは一つの家庭のみです。でもみなさん、当施設にはチューイーのように多くの犬が新しい飼い主を待っています」と他の犬への引き取りも呼びかけた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年7月11日の国際総合記事
「空港に置き去りにされたチワワ 「この子を愛してあげて」飼い主のメモが切ない(米)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    本当に動物を愛していたのなら、どんな状況でも捨てたりはしないと思うけどね?

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。