格安の悪質葬儀屋 車庫に10遺体放置で近隣に死臭漂う(米)

格安の悪質葬儀屋 車庫に10遺体放置で近隣に死臭漂う(米)
米・葬儀業者、冷蔵庫に入れず遺体を車庫に放置(画像は『Fox News 2017年7月13日付「Michigan funeral home shut down over maggots, unrefrigerated bodies」(Kzenon)』のスクリーンショット)
えも言われぬ臭いを放つヒトの亡骸。それに近隣住民が「たまったものではない。あの葬儀場は遺体の管理をちゃんとしているのか」と行政に苦情を訴えた。米ミシガン州の悪質な葬儀業者が、度重なる指導の末に“やっと”廃業となったことを『Fox News』ほかが伝えている。

問題の業者はミシガン州ジェネシー郡のフリントで火葬場と葬儀場を経営していた「Swanson's Funeral Home、Inc.」。デトロイトとポンティアックに父親が数十年にわたり経営してきた同名の葬儀場があるが、経営上の関係はないという。労働省のミシガン州職業安全衛生局に「あの葬儀場はひどい。業務は健全で正しく行われているのか」といった苦情が近隣住民から入るようになったのは2015年9月のこと。その翌月には州の検査官が立ち入り調査を行い遺体の管理に関する改善指導をしたものの、それは何ら活かされていなかったもようだ。

この業者は低価格での火葬や葬儀サービスを売りにしており、葬儀をやらず火葬のみという遺体も多々預けられていたもよう。同局には別の葬儀業者からも悪質だという指摘を受けるようになり、1年後には匿名の電話で「車庫には放置された遺体がゴロゴロと眠っている。確かめた方がいい」と告げられた。そのため葬儀業者のライセンスの許可や規制を扱っているミシガン州の「Department of Licensing and Regulatory Affairs」がさらに厳しい立ち入り調査を決行。冷蔵庫に入らない10もの遺体が少なくとも5か月にわたりガレージに放置され、無数の虫がわき、ただならぬ悪臭を放っていたといい、検査官は「きわめて嘆かわしい状況」と報告したという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年7月17日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら