新学期にクラスの児童全員大喜び 新品の靴をプレゼントした教師(南ア)

新学期にクラスの児童全員大喜び 新品の靴をプレゼントした教師(南ア)
クラス全員に靴をプレゼント(画像は『IOL News 2017年7月25日付「Teacher buys school shoes for her whole class」(File picture: Oupa Mokoena/ANA Pictures)』のスクリーンショット)
毎年7月18日はネルソン・マンデラ・デーである。故マンデラ元大統領がアパルトヘイト政策と闘った“67年”を記念して、マンデラ氏の誕生日に「67分、誰かの幸福のために何かをしよう」と国連が2009年に制定した。国際デーでもあるこの日に、南アフリカで“大好きな教え子を幸せにするため”に靴を購入した先生がいた。『IOL News』が伝えている。

7月24日、冬休みが終わって元気に登校してきた小学生は、ある先生からの特別な贈り物に大はしゃぎだった。北ケープ州・キンバリーにあるレツェゴ小学校の5年生担当の女性教師が、クラスの児童全員に靴をプレゼントしたからだ。

マセチャバ・ジョセフィーン・モシアネ先生は2年後に退職を控えており、教師歴30年以上というベテランである。そんな彼女がマンデラ・デーのためにクラスの児童40名に靴を購入した。モシアネ先生は後に「靴屋は10足おまけでくれたので、それは本当に必要としている子供たちにプレゼントしたの」と明かしている。

学校では以前から学校用靴を扱っている店に靴の無償支援を依頼していたが、「支援をします」という回答をもらえても実現に至ることはなかった。そしてそのたびに児童たちは失望していたという。そんな状況を見ていたからこそ、モシアネ先生は児童のために靴を購入する決意をしたそうだ。

「教師として、児童が裸足や壊れた靴を履いて登校する姿を見るのはとても辛い」とモシアネ先生は明かしているが、レツェゴ小学校に通う児童は親のいない子や祖父母と暮らして福祉に頼っている家庭の子も多い。新しい靴を買う余裕はほとんどないであろう。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。