羊を連れてスーパーに来た飼い主、入店拒否を告げられ大揉め(北アイルランド)

羊を連れてスーパーに来た飼い主、入店拒否を告げられ大揉め(北アイルランド)
ペットの羊とスーパーへ入店したものの…(画像は『Metro 2017年7月23日付「Man banned from Lidl ‘after assaulting staff’ who said he couldn’t bring pet sheep inside」(Picture: Cascade)』のスクリーンショット)
盲導犬以外の犬の入店を禁止しているスーパーは多いが、他の動物ならどうなのだろうか。スーパーの入り口に「羊の入店禁止」となかったためペットの羊を連れて入店した男性がスタッフに出て行くように指示され、口論となった。英『Metro』などが北アイルランドで起こった珍事件を伝えている。

7月17日、アントリム州ポートラッシュにあるディスカウントスーパーマーケット「Lidl(リドル/本社:ドイツ)」に、ペットの羊“チョップス”の大好物であるダイジェスティブビスケットを買いに立ち寄ったアンドリュー・ダンリーヴィーさん(32歳)は、店内でスタッフから出て行くように指示された。

アルスター大学でビジネスを学ぶアンドリューさんが店内にチョップスを連れて入ると、他の客が笑みを見せるなど特に問題を感じた様子はなかった。「私はチョップスをバーや店などどこにでも連れて行きます。行く先々でみんなに可愛がられているし、これまで問題があったことはありません。つい先日も診療所に連れて行ったのですが、待合室まで医師がチョップスを見に来たほどです」とアンドリューさんは語る。

ところがその日は違った。スーパーの女性スタッフがやって来てアンドリューさんに羊を連れて出て行くように指示したのだ。アンドリューさんは喧嘩腰になり「店の入り口には犬の入店禁止のサインがあるけど、羊のポリシーはどうなのか」と尋ねたところ、スタッフは「そんなものはない」と答えたという。そこへ別のスタッフが来てチョップスの頭を掴んだため、アンドリューさんはますます不快になった。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年7月28日の国際総合記事
「羊を連れてスーパーに来た飼い主、入店拒否を告げられ大揉め(北アイルランド)」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    飼い主にとってはペットは家族でも、他人にとっては只の動物。ルールを守れないなら人のいない場所で暮らすしかない。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。