炎に包まれた家から妹を救助 8歳兄に消防署から表彰状(米)

緊急時に冷静に対応することは大人であっても難しい。しかしこのほど火事になった自宅から8歳少年が幼い妹を連れて避難、911へ緊急通報するという機転を利かせ、家族全員が無事であった。“勇気ある小さなヒーロー”のニュースを『FOX6Now.com』『unionleader.com』など複数の米メディアが伝えている。

7月23日、米ニューハンプシャー州ダマーに暮らすジョン・ホルトさんは、庭の芝刈りを終えた後、芝刈り機を納屋に置き壁を隔てた自宅に戻った。しかしリビングにいると20分ほどして煙の臭いに気付き、ジョンさんはすぐに消火器を手にして納屋へ向かおうとし、同時に電話を掴んで8歳になる息子のハリソン君に911通報するように伝えた。

納屋に走り、ジョンさんは芝刈り機に向けて消火器を噴射したが、すでに炎は広がっていた。そこで一旦納屋から出てハリソン君に助けを求めるように言い、再び納屋に戻って4輪バギーを使い燃えている芝刈り機を納屋から引っ張り出そうと試みた。

炎が広がる中で父親が悪戦苦闘していた時、ハリソン君は実に冷静に行動していた。自宅が燃える様子を目の当たりにしながら、ハリソン君は生後11か月の妹マリーちゃんを抱きかかえ外に連れ出した。5歳の弟パトリック君は自力で避難した。

ジョンさんが気付いた時には、普段「家族の避難場所」として指定してあった前庭の楢の木の下に妹を抱きかかえたハリソン君と弟の姿があったという。ハリソン君は父に指示された通り911に的確に通報していた。
編集部おすすめ
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク