10年の里親経験を持つ夫婦、5人きょうだいを養子に(米)<動画あり>

様々な事情で実の両親のもとを離れ施設で暮らす子供たちが存在する。里親が決まっても、きょうだいが同じファミリーのもとで生活できるとは限らない。しかしこのほど、米オハイオ州在住の心温かい夫婦が「5人一緒にいることが何よりも大切」と養育してきたきょうだいたち全員と養子縁組し、子供たちは晴れて家族の一員となった。『Inside Edition』や『ABC News』『WCPO Cincinnati』など複数のメディアが伝えている。

オハイオ州シンシナティに住むジュリー・ロムさん(33歳)とウィルさん夫妻は、子供を授かることがなかった。しかし不妊治療をせず、2008年から里親となって多くの子供たちの面倒を見てきた

「私たちは子供をもうけることはできませんでしたが、アメリカだけで20万人以上の子供たちが家族を必要としていることを考えて、里親になろうと決心したのです」とジュリーさんは明かす。

この10年間、7つの家族から子供たちを迎えてきたロムさん夫妻は、2014年2月に8つ目の家族となるウィリアム君(12歳)とトゥルース君(9歳)の里親となった。その後、2015年12月に2人のきょうだいであるマリアンナちゃん(6歳)、2016年7月にキオラちゃん(3歳)とKJ君(2歳)を引き取った。

そして今年7月27日、同州ハミルトン郡にある検認裁判所で正式に養子縁組が成立した。この特別な日を祝うために裁判所にはロムさん夫妻の家族や友人らが集まり、その記念すべき瞬間にはウィリアム君の学校の前担任であったアン・ボイルさんも駆け付けた。アンさんはロムさん夫妻についてこのように述べている。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

国際総合ニュースランキング

国際総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク