4歳男児にわいせつ行為を強要 ベビーシッターの18歳女を逮捕(米)

4歳男児にわいせつ行為を強要 ベビーシッターの18歳女を逮捕(米)
4歳男児にわいせつ行為を強要した18歳の女(画像は『WOAI: San Antonio News 2017年8月20日付「Babysitter arrested, accused of forcing 4-year-old to perform sex acts on her」(Photo: Courtesy of Bexar County Sheriff's Office)』のスクリーンショット)
幼児性的虐待に関する許し難い話題が米テキサス州から飛び込んできた。警察に逮捕されたのはなんと18歳の女のベビーシッターであった。優しそうな笑顔を見せて「小さな子供が大好き」と語り、ベビーシッターの職に就いたその女。恐ろしい裏の顔に驚くばかりである。地元メディアの『Kens 5』『WOAI: San Antonio News』などが報じた。

今年3月、ベビーシッターを仰せつかるも幼児にわいせつ行為を働いていたとして今月17日に逮捕されたのは、テキサス州ベア郡サンアントニオのエスメラルダ・マリー・メデリンという18歳の女。4歳男児(子供の将来とプライバシーを考慮し、名前などは明らかにされず)の世話をする契約を結んだメデリンは、その母親が外出して男児と2人だけになると性的行為を強いたことが疑われている。

事件が発覚したのは、男児が外出先から戻った母親にメデリンとの間にあったことを打ち明けたためであった。母親はすぐに警察に相談したがメデインは事実無根として一貫して疑惑を否定。だがついに病院でのDNA検査が行われ、そこでメデリンの乳房から男児のものとみられるDNAを採取することに成功した。股間から採取されたごくわずかのDNAについても否定できないという。その後メデリンの身柄はベア郡の拘置所に送られ、保釈保証金は75,000ドルと設定された。

心の底から信頼できる、わが子に愛情深く接してくれるベビーシッターを見つけることの難しさ

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年8月23日の国際総合記事
「4歳男児にわいせつ行為を強要 ベビーシッターの18歳女を逮捕(米)」の みんなの反応 5
  • ゲコッ!! 通報

    日本では幼稚園や保育園などの“大量消費”により、育児保育の制度が確立されているのだが、外国には無いのかな。虐待が全くないわけではないが、個別よりは低い気がする。

    2
  • 匿名さん 通報

    日本で女性は、こういう犯罪を犯したニュースは見ないな。男ばかり逮捕されてる。

    2
  • 匿名さん 通報

    アメリカでは子供を1人にしてはいけないと言う法律がある。家に子供だけでいるのはダメでベビーシッターを雇わないといけない。

    1
  • 匿名さん 通報

    性犯罪は男性ばかりではない、潜在的にばれてない犯罪がたくさんあるだけ。

    1
  • 共謀罪 通報

    むかし日本にも子守という制度があって、子守と子供の性的関係も多かったらしい。ベビーシッターも人間だから、異性に興味を持つのは当たり前。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら