GACKTが見届人に 山田孝之vs塚本高史が“タイマン”勝負

GACKTが見届人に 山田孝之vs塚本高史が“タイマン”勝負
GACKT完全プロデュースした番組で、タイマン勝負する山田孝之と塚本高史(c)AbemaTV
GACKTが完全プロデュースした特別番組が、9月23日(土)夜9時より放送される。同番組ではミュージシャン・GACKTがオーナーを務め、ゲストとして登場するプレイヤーがテキサスホールデムポーカーを一対一の“タイマン”で勝負していく。今回ゲストとして登場し、勝負をするのは、俳優・山田孝之(33)と俳優・塚本高史(34)。山田に因縁を持つ塚本がGACKTに相談し、この勝負が実現した。勝負は予想外の展開になり、GACKTが思わず「やめろー!」と叫ぶ事態になったという。

インターネットテレビ局「AbemaTV」のAbemaSPECIAL2チャンネルで放送される特別番組『GACKT完全プロデュース! ヘッズアップポーカー“タイマン”』は、数多くのポーカーの大会に出場し、世界大会で入賞するほどの実力を持つGACKTがオーナーを務め、ポーカーのタイマン勝負を見届ける。


今回は塚本が「どうしても倒したいやつがいる。そしてGACKTさんにタイマンの見届人になってほしい」とGACKTにお願いしたことから、山田と勝負することになった。勝負を受けることになった山田は「なんで怒ってんのか分かんないですけど、なんかライバル視されていますね。年齢も近いってのもあるんじゃないですかね」と腑に落ちない様子だ。


“ポーカーフェイス”という言葉があるように、ポーカーではカードを引く運だけではなく、相手に自分のカードが良いのか悪いのか悟られないように演技することもテクニックとして求められるマインドスポーツ。塚本は「芝居にそんなに勝者敗者はないけども、テキサスホールデムポーカーでの演技で敵を倒すことで、役者としての勝者敗者がわかるんじゃないのかな。山田孝之、待ってろよ!」と力強く宣戦布告した。対する山田は「役者で上か下かは難しいですけど、表現者としては僕のほうが上なんじゃないですか」と強気な様子を見せている。

同番組は全ての対戦をGACKTが実況・解説をしていくので、ポーカーをよく知らない人でも楽しめる。数々の映画やドラマで活躍する、2人の俳優が魅せる白熱の心理戦、勝者に輝くのはどちらか。
(TechinsightJapan編集部 高沢みはる)

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 山田孝之 Instagram
  2. 山田孝之 ドラマ
  3. 山田孝之 映画
TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年8月26日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「山田孝之 + 映画」のおすすめ記事

「山田孝之 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「山田孝之 + ドラマ」のおすすめ記事

「山田孝之 + ドラマ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「山﨑賢人」のニュース

次に読みたい関連記事「山﨑賢人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。