豊かな金髪に優しそうなブルーの瞳…それは甘いマスクで一世を風靡した俳優のロバート・レッドフォード。ハリウッドが生んだ大スターも寄る年波には敵わないのであろうか。
先月に誕生日を迎え、御年81歳。今月1日に第74回ヴェネツィア国際映画祭で新作のプロモーションをおこない、共演のジェーン・フォンダ(79)とともに生涯功労金獅子賞を受賞した。そんなロバート・レッドフォードが「急激にふけた」と思われる姿がこちらの写真である。

『追憶』『愛と哀しみの果て』などその美しさを存分に発揮した作品がいくつもあるが、同性からも愛されたレッドフォード作品といえば『華麗なるギャツビー』『明日に向って撃て!』であろうか。徐々に仕事を役者から監督、映画プロデューサーへとシフトするようになっていたなか、80代を目前にした2015年には“いち老人”としてケイト・ブランシェットと共演した『ニュースの真相』も大ヒットした。落ち着き、渋さ、悲しみや苦悩を乗り越えた人間ならではの深み、衰えや陰りなどロバート・レッドフォードの演技はさらに円熟味を増している。


映画『出逢い』以来、このたび実に38年ぶりの共演となったジェーン・フォンダと揃って登壇したヴェネツィア国際映画祭で、Netflixの新作『Our Souls at Night(原題)』についてフォンダが「20代の時も素敵だったけれど、80歳近くになってまたロバートとキスできるなんて嬉しいわ。私の皮膚はもうシワシワ。でも愛情も性も可能性は年齢とともに広がっていく、そんなメッセージを込めたつもりよ」と笑顔で語ると、レッドフォードも「私たちと同じ熟年の映画ファンに喜んでもらえることを強く意識しました。ジェーンとは死ぬ前にどうしてもまた共演したかった」と続けた。

私生活では72歳であった2009年、長きにわたり同棲していた21歳年下のシビル・ザガーズさんと結婚していたレッドフォード。「死ぬ前に」などという言葉を使うのはまだまだ先でもよいはずだ。
だがここにきてかなり体重が落ちてしまったのか、レッドフォードの皮膚には、たるみやシワが急に増えてしまった。ほとんど年齢の違わないフォンダの元気はつらつぶりがやけに目立ったといっても過言ではない。

ちなみに記者はブラッド・ピットの美しさとモンタナ州のダイナミックで美しい自然が拝める『リバー・ランズ・スルー・イット』(1992年全米公開)という映画に大きな感銘を受けたが、この作品の監督がロバート・レッドフォードであった。ロケ現場ではそんな2人について「男でありながらなんと美しいコンビであろう」と溜息が漏れていたという話である。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)