NOKKOが水谷千重子の『フレンズ音頭』に飛び入り 粋な形でアレンジ認める

友近が扮する演歌歌手の水谷千重子はレベッカ (REBECCA)のヒット曲『フレンズ』(1985年)を盆踊り調で大胆にアレンジした『フレンズ音頭』を自身のライブで披露している。9月18日にテレビ朝日系で生放送された『ミュージックステーション ウルトラFES 2017』では水谷が本家のNOKKOを前にそれを披露することとなった。

NOKKOはこの日、『ウルトラFES』にソロで出演してレベッカの高橋教之がベースを担当するバンドをバックに『フレンズ』をパフォーマンスしていた。その後しばらくして番組が『Mステ』のセットに変わってから、水谷千重子と八公太郎(実はバッファロー吾郎A)そしてNOKKOがひな壇前列に登場する。

タモリからNOKKOとの関係を聞かれた水谷は「ナベプロを紹介したのは千重子で、“よしもとさん”だけは止めときなさいと助言した」と話すが、真相は定かでない。NOKKOも相槌を打つでもなくじっと聞くだけだった。『フレンズ音頭』の話題になると水谷は「勝手にアレンジしちゃったけど、NOKKOさんはそれを(動画で)見て承諾して下さった」という。

一方のNOKKOはレベッカをサポートするギタリスト・是永巧一からYouTubeの動画を教えてもらい「衝撃を受けました」と話すが、「承諾」「認める」という言葉はなかった。

ひな壇トークは2人の関係について「千重子先輩は手の届かない方なのでこちらからお友達だなんて言えないです」と上手く合わせるNOKKOに、水谷が「それこそフレンズだってはなし」と笑わせて終わり、いよいよステージで『フレンズ音頭』を披露することになった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

友近のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「友近」に関する記事

「友近」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「友近」の記事

次に読みたい「友近」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク