『ハリポタ』ルパート・グリント、青白い顔と目の下のクマに心配の声

『ハリー・ポッター』シリーズの“ロン”として世界に名を知らしめたルパート・グリント。近年は本国イギリスでTV俳優として活躍している彼が、話題作『SNATCH』のプレミアに登場した。とても久しぶりという印象だが、ほかのキャストに比べて顔色の悪さがやけに目立つレッドカーペットとなったようだ。

根っからおっとりとし、天然キャラでもある俳優ルパート・グリント(29)。人気歌手エド・シーランと間違えられてもニコニコ穏やかな笑顔を湛え、声優の仕事が続いても満足しているあたり欲の無いキャラクターでもあるのだろう。エディンバラ・フェスティバルに行った際には「何だか熱い」と感じていながら、キャンドルの火が服に燃え移っていることを指摘されるまで気づかなかったことを語っている。

そんなグリントが英ロンドンの28日、フィッツロヴィアにあるBTタワーで開催されたTVシリーズ『SNATCHシーズン2』のプレミアに登場。レッドカーペットを悠然と歩き、フォトコールでは柔らかい笑顔を湛えた。なぜエマ・ワトソンダニエル・ラドクリフのように映画に出演しないの? とファンなら気になってしまう今のグリント。シェイクスピア作品の『マクベス』をモチーフにしたヴィンセント・リーガン監督による新作映画『Instruments of Darkness(原題)』に脇役で登場するが、撮影は2014年には完了したものの公開予定についてはまだこれから。それ以外の映画出演の話は情報が得られていない。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

エド・シーランのプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「エド・シーラン」に関する記事

「エド・シーラン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「エド・シーラン」の記事

次に読みたい「エド・シーラン」の記事をもっと見る

ニュースランキング

ランキングをもっと見る
お買いものリンク