トランプ大統領の最初の妻イヴァナ・トランプ 「私こそファーストレディー」発言にメラニア夫人が怒りの反論
拡大する(全1枚)
メラニア夫人、夫の最初の妻に苛立つ
時折ドナルド・トランプ大統領をあからさまに避け、「夫への愛はすっかり冷めきっているようだ」と噂されるメラニア夫人。しかし夫を捨てることなくファーストレディーとしてホワイトハウスで暮らす彼女を、大統領の1人目の妻でイヴァンカ・トランプの母でもあるイヴァナ・トランプさんは快く思っていないもようだ。このほどメディアのインタビューに応じたイヴァナさんは、トランプ大統領の最初の妻(ファーストワイフ)は自分、よって「私がファーストレディーのようなもの」などと語り、メラニア夫人を怒らせた。

このほどイヴァナ・トランプさんが自著の宣伝のため『ABC News』のインタビューに応じ、そこで語った以下の発言が大いに注目を集めた。

■今も元夫(ドナルド・トランプ大統領)に定期的に連絡
「2週間に一度話をするし、ホワイトハウスに直接つながる番号も知っているわ。」
「でもホワイトハウスにはあまり電話したくないの。メラニアがいるからよ。嫉妬されるのは嫌だわ。だって基本的には、この私がトランプの最初の妻(ファーストワイフ)なの、お分かり? そう、私がファーストレディーってこと。」

■メラニア夫人(大統領の3人目の妻)への思い
「ワシントンD.C.での暮らしは、彼女にとって最悪でしょうね。」
「でも彼女の方がまだマシだったのよ。私だったらあんな場所、ものすごくキライになると思うもの。」
「(英語が上手な)私には契約書も読めるし交渉だってできる。人を楽しませることもね。でもホワイトハウスなんて嫌だわ。自由が好きだから。」