運転ミスで車両炎上、助手席の女性を残したまま逃げた男に批判殺到(米)

運転ミスで車両炎上、助手席の女性を残したまま逃げた男に批判殺到(米)
運転ミスで車を炎上させた男、助手席に女性を残したままタクシーで去る(画像は『ABC7 Eyewitness News 2017年10月14日付「Man hails cab on Gowanus while date burns to death in car fire」』のスクリーンショット)
自分の運転ミスで事故を起こした後、助手席の女性を見捨てて現場から去ると言う信じがたい男の話題がアメリカから届いた。救出の術が無かったとしても付近にいた人々に協力を仰ぐことができたはずで、ネット上ではこの男に対して批判の声が多々あがっているようだ。

今月13日の午前4時頃、米ニューヨーク州ブルックリン付近の高速道路で乗用車がコンクリート障壁に激突し炎上した。車は2007年製の日産インフィニティG35セダンで、スピードを出し過ぎコントロールを失ったものと見られている。運転していたのはサイード・アフメド(Saeed Ahmed、23)で、助手席にはハーリーン・グレワルさん(Harleen Grewal、25)が乗っていた。

その時、近くを走行していた何人かのドライバーが炎上する車の様子を動画に収めている。そこにはサイードが炎の燃えさかる車を放置し、通りかかったタクシーに乗って事故現場を去る様子が捉えられていた。

驚くことに助手席にはハーリーンさんが残されたままだった。後に到着した消防隊が火を消した後、焼け爛れたハーリーンさんの遺体を発見した。当のサイードは、タクシーでメイモナイズ・メディカル・センター(Maimonides Medical Center)に向かい、火傷した自身の首、腕、足の治療を受けていたそうだ。

『ABC7 Eyewitness News』によるとこの日、サイードとハーリーンさんはデート中だったことが報じられているため2人の間柄はまったくの他人ではないと思われる。しかしハーリーンさんを救助することなく現場を離れたサイードには、無免許運転、スピード違反、そして過失致死罪の罪に問われている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年10月18日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら