「父は真のレジェンド 僕もきっとF1レーサに」ミック・シューマッハは甘いマスクの18歳

「父は真のレジェンド 僕もきっとF1レーサに」ミック・シューマッハは甘いマスクの18歳
ミック・シューマッハ「将来はきっとF1にも」(画像は『Mick Schumacher 2017年10月9日付Instagram「Race week!」』のスクリーンショット)
F1界伝説のチャンピオン、ミハエル・シューマッハがスキーの転倒事故により深刻な脳損傷に見舞われてもうすぐ4年。この夏、彼を神の存在、真のレジェンドと慕う若者が「ベルギーGP(Belgian Grand Prix 2017)」決勝を前にシューマッハF1初優勝25周年を記念したベネトンB194でデモ走行を果たし、大きな話題をさらった。ハンドルを握っていたのは18歳のミック・シューマッハ。偉大なる父ミハエルの後をどうしても追いたいと2008年からカートレースを始め、2015年からはフォーミュラ4、今年からはヨーロッパ・フォーミュラ3選手権に出場するようになっていた。

今月14日と15日、DTM(ドイツツーリングカー選手権)のサポートを受けドイツ南西部のバーデン=ヴュルテンベルク州ライン=ネッカー郡ホッケンハイムにて開催されたヨーロッパ・フォーミュラ3選手権(FIA European Formula 3 Championship)。そこでひときわ注目を集めていたのがミック・シューマッハであった。父譲りのそれは甘いマスク、優しい笑顔とハンドルを握った時の厳しい表情、そんなギャップも魅力的だとして早くも大勢の女性ファンが付いている。

「親の七光り」というイメージを嫌い、当初は母コリーナさんの旧姓を借り「ミック・ベッチ(Mick Betsch)」と名乗ってレースに参戦していた彼だが、メディアにそれを気づかれ、シングルシーターとして2015年度の「ADAC・F4選手権」に参戦することが決定したことをきっかけに、ミックは大きなプレッシャーを覚悟の上で本名であるシューマッハ姓で活動していくことを決断した。2016年からはイタリアの「プレマ・パワーチーム(Prema Powerteam)」に所属しており、ミックは「F3でさらに2年を過ごした後はF2にステップアップしたい。将来はきっとF1にも」と野心を語っている。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年10月18日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら