ウルトラマンの“学べる怪獣”を教科書に載せたい マツコもびっくり、怪獣博士の提言

“怪獣博士”の原坂一郎さんが10月24日放送のバラエティ番組『マツコの知らない世界』(TBS系)に出演して「良い子が育つ怪獣の世界」について熱く語った。彼は子どもの頃から50年間大好きな怪獣とともに歩んできて、今は家族と神戸に暮らす61歳のナイスミドルだ。若かりし頃は関西初の男性保育士として活躍した。

「怪獣のストーリーこそが子育てのためになる」と主張する原坂さんは、学校の教科書に「学べる怪獣」のエピソードを載せて欲しいという。マツコ・デラックスは「そこまではちょっと」と首をかしげるが、彼は「そんなことはないんです」と真剣に訴えた。

たとえば『ウルトラマン』の第37話「小さな英雄」は、人間に友好的な怪獣・ピグモンのエピソードだ。ピグモンが科学特捜隊に凶暴な怪獣たちが出現することを知らせ、一緒にビートル号で現場へ向かう。ところが怪獣ドラコを発見しながらイデ隊員はウルトラマンが来るのを頼りにして戦意を喪失する。ドラコはそんな彼を見つけて迫ってくるが、ピグモンが騒いでおとりとなりイデ隊員を救いながらドラコの一撃で絶命してしまう。

ハヤタ隊員に「科特隊の一員として恥ずかしいと思わんのか!」と言われて目を覚ましたイデ隊員は、ウルトラマンと力を合わせて親玉の怪獣酋長ジェロニモンを倒す。その後、隊員たちは「小さな英雄」としてピグモンに黙とうを捧げるのだった。

原坂さんはこのエピソードから「置かれた場所でベストを尽くそう」との教訓を学べるという。子どもたちの社会でも他者に頼ってしまい自分の存在感すら見失うことがある。「そんな時でも精一杯できることを頑張れば、周りも力を貸してくれるものだ」と説明した。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク