福田沙紀「新しい挑戦だった」 タクフェス第5弾『ひみつ』で女優として成長

俳優としても活躍する宅間孝行が作・演出を手がけ、自ら出演もする「タクフェス第5弾『ひみつ』」が、19日の鹿児島を皮切りに、金沢、富山、新潟公演を経て、31日から東京・サンシャイン劇場で東京公演をスタートする。同日にマスコミ向けに公開ゲネプロと囲み取材が実施された。今回宅間と初タッグとなる女優・戸田恵子が主演を務め、その他に福田沙紀松本利夫(EXILE)らが共演する。福田は女優として新たな課題に挑んだようだ。

宅間孝行の4年ぶりの新作書き下ろしとなる同作は、ある家族を中心に描かれる、涙と愛にあふれた純愛物語。主人公の「渚」を戸田恵子、その弟を宅間孝行、松本利夫が務め、福田沙紀は自身の過去の「ひみつ」に向き合うことになる女性「夢」を演じる。


約135分の上演の後に囲み取材に応じた宅間、戸田、松本、福田。「脚本を読んだときに人生で忘れられないような衝撃を受けた」という福田は、「自分のひみつを知っていくという役どころであるので、毎回その事実を新鮮に受け止めて、舞台でしっかり生きていきたい」とやる気を見せた。心を揺さぶられ、泣くシーンも多い福田だが、「泣きすぎてしまって、(宅間から)『ここはまだ抑えて』と言われた。新しい試練をいただいた」と振り返った。そして「そういう芝居のアプローチも新しい挑戦だったので、そこを大切にしながらやっていた」と女優としての成長ぶりをうかがわせた。「とにかく気持ちをしっかり震わせながら、いっぱいアンテナを立てて、受信していけたらいいなとやっている」としっかり前を向いた。

当時の記事を読む

福田沙紀のプロフィールを見る
TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「福田沙紀」に関する記事

「福田沙紀」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「福田沙紀」の記事

次に読みたい「福田沙紀」の記事をもっと見る

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク