あまり会話やコミュニケーションを求められず、ただ美意識や感性を競い合うといわれるモデルの世界。その雰囲気は時に殺伐としているであろう。
ショービス界に入ったからこそ一般人の恋人が心の安らぎ、大切な存在になる…そんなことを感じさせてくれるのがこのカップル。モデルとして超売れっ子の姉ロージーを持つ、トビー・ハンティントン=ホワイトリーとそのガールフレンドである。2人の熱愛が伝えられてからすでに2年以上となるが、交際はとても順調な様子だ。

ロンドンの「ロイヤル・アルバート・ホール」で2日に行われた『Murder on the Orient Express(原題)』のワールド・プレミア。これはかの有名な『オリエント急行殺人事件』のリメイク版で、プレミアにはケネス・ブラナー、ジョニー・デップ、ペネロペ・クルス、ミシェル・ファイファー、ジュディ・デンチ、ウィレム・デフォーほかそれは豪華な顔ぶれが登壇した。

そんななか、ひと際長身で脚が長くスレンダーことから注目を集めていたのが、トビー・ハンティントン=ホワイトリーとそのガールフレンドであるセシリー・ブラウンさんであった。
トビーはブルガリホテル内にある「ワークショップ・ジム」の会員で、そこにセシリーさんを同伴し、フィットネスやランニングで仲良く一緒に汗を流している様子がたびたびキャッチされていた。

英紙の報道によれば、彼らが出会ったのはブリストルにある大学のボート部で、ロンドンのラドブローク・グローブにあるアパートで同棲生活を送っているという。姉のロージーも含め彼らは大変なスポーツ好きでとても気が合う様子。トビーがサッカーやラグビーの試合に出場するとロージーや家族が応援し、ロージーがネットボール(バスケットボールを女性向けにしたもの)をするときはトビーたちがその応援に行くという。

そんなトビーにとって、姉ロージー・ハンティントン=ホワイトリーは尊敬の対象であるもよう。彼女は今年6月、アクション俳優ジェイソン・ステイサムとの間に第1子となる男児を出産して現在は子育てに追われているが、それまでの彼女はあの細い体でひたすら激しいワークアウトに努めていたとのこと。
「姉はパーソナルトレーナーを雇ってヨガ、ピラティスばかりか、バレエにも夢中。体は大丈夫かと心配になるほど彼女のワークアウトは熱心で激しいものだった」と話している。姉と弟のそんなスポーツ好きは「母親譲り」とのこと。子育ての傍らトレーニングに励む母親の姿を2人とも見ながら育ったそうだ。
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)