亡き祖父への想いを込めタトゥーを施した男性、未だ就職できず(英)<動画あり>

後に除去したいと思っても高額な費用と時間がかかるタトゥー。彫った後で後悔する人もいるが、欧米ではそれぞれの思い入れで特別な場所にタトゥーを刻む人は少なくない。しかしタトゥーが原因で人生に支障をきたしてしまうこともあるようだ。このほど英マンチェスター北部に住む男性が、亡き祖父への想いを込めて首に彫ったタトゥーが原因で職に就けないと英メディア『ITV』『The Sun』『Metro』などで話した。

マンチェスター北部コリーハーストに暮らすジョー・パーソンズさん(21歳)は、これまで受けた30もの面接にことごとく落ちており仕事がなかなか決まらない。その理由は「首に彫ったタトゥーが原因で差別されているから」だという。

ジョーさんは昨年11月に、亡き祖父への想いを込めて250ポンド(約37,400円)の費用をかけ、十字架に天使の青い羽根をつけた赤い心臓のタトゥーを首に大きく彫った。「十字架部分におじいちゃんの想いが現れている」とジョーさんは話しており、とても大切な思い入れがあるようだ。しかし目立ってしまいインパクトがあり過ぎて、面接に行くたびに断られてしまう結果となっている。

「周りの人は私のことを幸せでいるんだろうと感じていたと思います。でもタトゥーを入れた後は、自己中心的なやつだと見ている気がします。私は普通の人間です。ただきちんとした仕事が欲しいだけなのにタトゥーが原因で採用されないなんて屈辱だし差別です。」

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク