増田有華“11歳”で『SEASONS』熱唱 のど自慢大会のお宝映像

増田有華“11歳”で『SEASONS』熱唱 のど自慢大会のお宝映像
森口博子と小学生時代の増田有華(画像は『増田有華 2017年11月14日付Instagram「もっとビックリなのがのど自慢の映像。」』のスクリーンショット)
増田有華が11月14日、11歳の時に『BSジュニアのど自慢』(NHK衛星第2テレビ)でグランプリを獲った際の姿をインスタで公開した。彼女が「自分で言うのもなんだけど、お宝映像すぎますね笑」というだけあり、当時司会を務めた森口博子からマイクを向けられる貴重なシーンも見られる。

大阪府出身の増田有華は幼少時から歌うのが大好きで、小学生頃には歌手を目指してヴォーカルレッスンを受け始めた。今では26歳となった彼女が『増田有華 masuyuka_official Instagram』に公開したのは、2002年頃に出場したジュニアのど自慢大会の動画である。母親が「なんとなーく」ハガキで申し込んだところ当選したという。

今思えば「それにしてもなんでこんな難しい曲選んだんだろうかw」という浜崎あゆみの『SEASONS』(2000年)をリズムに乗りながら歌い上げており、11歳には見えない落ち着きぶりである。それでも「今週のグランプリ」に選ばれた心境を「あまりにもトントン拍子で信じられなくて震えたの覚えてるっ!」と振り返っていた。


その日、ゲストだった花*花のおのまきこからグランプリのトロフィーを受け取り握手を交わすとようやく笑顔を見せた。森口博子に「どんな気分?」とマイクを向けられて「もうなにも言えません」と答えながらも、再度『SEASONS』を堂々と歌うあたり只者ではない。彼女はおよそ4年を経て2006年2月26日、『第二期AKB48追加メンバーオーディション』に合格して単身上京するのだった。

『BSジュニアのど自慢』の出場者で後にプロデビューしたなかには元モーニング娘。の高橋愛もいる。もし増田有華と会う機会があれば当時の話に花が咲きそうだ。

画像は『増田有華 2017年11月14日付Instagram「もっとビックリなのがのど自慢の映像。」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年11月15日の芸能総合記事
「増田有華“11歳”で『SEASONS』熱唱 のど自慢大会のお宝映像」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    過去の映像に頼るほど仕事や人気がないのかな

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「大島優子」のニュース

次に読みたい関連記事「大島優子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「宮澤佐江」のニュース

次に読みたい関連記事「宮澤佐江」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「小嶋陽菜」のニュース

次に読みたい関連記事「小嶋陽菜」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。