世界最悪の大気汚染インド・デリー 望みを託した散水ヘリも視界不良で飛べず

世界最悪の大気汚染インド・デリー 望みを託した散水ヘリも視界不良で飛べず
ひどいスモッグに悲鳴をあげるインド・デリー(画像は『ABC News 2017年11月14日付Twitter「Cyclists in Delhi wear masks for a ride in the city’s thick smog, which officials are calling a public health emergency.」』のスクリーンショット)
       
世界で最もPM2.5の濃度が高い大気汚染が深刻な都市とは…!? ワースト20のうち半分をインドの市町村が占めることに大きな注目が集まっているが、なんと頼みの綱として登場した散水ヘリコプターですら視界不良につき飛べないことが分かった。『The Guardian』ほか欧米のメディアが続々と伝えている。

世界保健機関(WHO)が毎年示す、大気汚染が最も深刻な世界の都市たち。PM2.5汚染濃度のワースト5について、近年の常連はアフガニスタンにも近いイランのザーボル、印マディヤ・プラデーシュ州グワーリヤルと同ウッタル・プラデーシュ州イラーハーバードなどである。そしてアジアの大都市に絞った場合のワースト順位は、圧倒的な深刻さで1位がインド・デリー、2位がバングラデシュ・ダッカ、3位がパキスタン・カラチとなっており、中国・北京市は4位である。

とにかく目や喉に痛みが走り、マスクなしでは街を歩けない、換気も怖くてできないと訴えるインド・デリーの人々。ナレンドラ・モディ政権は環境問題にあまり関心がないと批判されていたなか、やっと重い腰をあげたデリー市の当局は国有ヘリコプター会社「Pawan Hans」と手を組み、大気汚染対策として水を上空から散布することを決定した。しかしその作業は14日にストップ。同社のBPシャルマ会長は『The Indian Express』紙に、スモッグがあまりにも厚く濃いことからヘリコプターのパイロットが「視界不良につき飛行不可能」と判断したと説明している。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月16日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。