余命わずかか 連続殺人鬼チャールズ・マンソン(83)病院へ搬送

余命わずかか 連続殺人鬼チャールズ・マンソン(83)病院へ搬送
チャールズ・マンソン重病で死期は間近か(画像は『Los Angeles Times 2017年11月15日付「Charles Manson hospitalized in Bakersfield; severity of illness unclear」(California State Prisons)』のスクリーンショット)
連続殺人鬼として世の中を震撼させた男チャールズ・マンソン。自身が30代から40代であった1960年~70年代にかけ、家出した少女らと共にロサンゼルスでカルト集団を結成して教祖を名乗っていたが、やがて女優シャロン・テートを含む少なくとも7名を「謀反者」として次々と殺害し、投獄されていた。1971年には死刑判決が下されたものの翌年にはカリフォルニア州で死刑が一時的に廃止されたため、終身刑につき今なお獄中というマンソンであったが…。

カリフォルニア州キングス郡の「州立コーコラン刑務所」に服役中であった受刑者のチャールズ・マンソン(Charles Manson=83)について、“重い病につき入院、余命わずか”との情報を『Los Angeles Times』『USA TODAY』『TMZ』ほかアメリカの大手メディアが続々と伝えている。マンソンは今月12日に同州ベーカーズフィールドの病院に搬送されて検査や治療を受けているが、健康状態が改善されることはもはやないとの見方が明らかにされたようだ。

今年1月にも重い腸管出血につき入院し、治療を受けていたマンソン。手術は成功して刑務所に戻され、8月には健康そうな表情の写真も公開されていた。だが今回は顔色や表情もすぐれず、自力で立って歩けないほど筋力も体力も衰弱しているとのこと。また院内では常に5名の刑務官が付き添っているため、脱走を図ることも不可能であろうという。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年11月17日の国際総合記事
「余命わずかか 連続殺人鬼チャールズ・マンソン(83)病院へ搬送」の みんなの反応 6
  • 匿名さん 通報

    治療を受ける資格ないだろ。

    13
  • 匿名さん 通報

    >「その遺体をガラスのケースに納めて陳列し、金儲けをしよう」などと企んでおり< 悪党だらけ

    12
  • 匿名さん 通報

    死刑が中止なら一日でも長く苦しむべき。麻酔や痛み止めは使わずにね。

    10
  • 匿名さん 通報

    殺人鬼を英雄に仕立てるなや

    9
  • 匿名さん 通報

    これで殺人鬼って言われるなら白石はギャクサツだろ

    6
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら