亡き父から21歳になるまで誕生日に花束が届いた女性 愛する父への想いをツイート(米)

亡き父から21歳になるまで誕生日に花束が届いた女性 愛する父への想いをツイート(米)
亡き父から毎年花束を受け取っていた女性が父への想いを綴る(画像は『Bailey Sellers 2017年11月24日付Twitter「My dad passed away when I was 16 from cancer and before he died he pre payed flowers so i could receive them every year on my birthday.」』のスクリーンショット)
今から4年前の夏に愛する父を亡くした16歳少女は、17歳の誕生日に玄関先に大きな花束が届けられているのを見つけた。送り主は天国の父。その後、18、19、20歳と誕生日には必ず届けられた花束だが、彼女が21歳になった今年の11月、父からの最後の贈り物が届けられた。その亡き父への想いを自身のツイッターに投稿すると、多くの反響を呼んだ。米メディア『Inside Edition』『New York Post』『PEOPLE.com』などが伝えている。

米テネシー州ノックスビルに暮らすベイリー・セラーズさん(21歳)は、16歳の時に愛する父マイケル=ウィリアムさんをがんで失った。マイケルさんは2012年のクリスマスの2週間後にステージ4の膵臓がんで余命2週間との告知を受けたが、半年後に他界した。

妻とベイリーさん、そしてベイリーさんの3人のきょうだいを遺して天国へ旅立ったマイケルさんは、ベイリーさんのもとに21歳の誕生日まで毎年花束が届けられるよう生前に手配していたのだ。

17歳の誕生日に初めて豪華な花束を受け取ったベイリーさんは、まさか父からだとは想像もしていなかったためかなり驚いたという。最初は父のいない誕生日を迎える悲しさが強かったが、やがて毎年天国から届く花束を心待ちにするようになった。そのプレゼントも今年で最後となり、21歳になったベイリーさんのもとに届けられた花束には、いつまでも娘を想う父のメッセージが綴られたカードが添えられていた。

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年11月30日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら