犬に水をかけ-32度の屋外に放置 凍死させた飼い主に「処罰を」の声(露)

犬に水をかけ-32度の屋外に放置 凍死させた飼い主に「処罰を」の声(露)
救出されるも犬は低体温症で安楽死の運命に(画像は『Siberian Times 2017年11月27日付「Horrific animal cruelty as man pours water over a dog so it freezes to death encased in ice」(Picture: Vkontakte)』のスクリーンショット)
世界一寒い国と言われるロシア連邦のサハ共和国で、水をかけてマイナス32度の屋外に飼い犬を放置し凍死寸前にした残酷な飼い主。あまりにも惨い動物虐待のニュースに世界中から怒りの声があがっている。『Siberian Times』『Metro』などが伝えた。

極寒の地サハ共和国の首都ヤクーツクで、このほど1匹の犬が残酷な飼い主により非業の死を遂げた。まだ1歳だった犬は、かねてから飼育放棄していたと噂される飼い主の男(名は明かされていない)に冷水を浴びせかけられ、そのままマイナス32度の屋外に放置されたのだ。その身体は凍結し氷の塊のようにも見えるが、犬は黒い目を大きく見開きまるで助けを乞うかのように片方の前脚をかすかに動かしている。

寒空に放置されていた犬を見た近隣住民が動物愛護活動家に連絡、駆けつけたボランティアの活動家らは瀕死の犬をすぐに動物病院へと運んだ。しかし凍える屋外にいた犬は低体温症を起こしており、獣医にはなす術がなくやむなく犬は安楽死させられた。

「犬は、生きたいけれどどうすることもできずにただ死んでいく人間と同じ目をしていました。あの犬の目を私たちは一生忘れません。この犬に酷い仕打ちをした男は今後、自分の子供たちを手にかけるかも知れないのです」と故意に残酷な方法で飼い犬を殺そうとした飼い主に活動家らは激怒している。

またこの件に関与しない警察にも苦情を訴え、野良犬駆除により街を綺麗にする

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年11月30日の国際総合記事
「犬に水をかけ-32度の屋外に放置 凍死させた飼い主に「処罰を」の声(露)」の みんなの反応 4
  • 匿名さん 通報

    水風呂に入れてやれ。

    3
  • A 通報

    この子は極寒の中どんな気持ちで身を丸めていたのか、発見の瞬間どんな気持ちだったのか、凍って動かない体がどれだけ痛かったか。 飼育放棄が確認された時点で保護してあげられなかったのか本当に悔やまれます。

    3
  • 名無し 通報

    ロシアさんって動物が本気で好きなんだなあ。たくさんの人々が許せないって気持ちになるんだね。イギリスとかもそうだね。わかるよ、私もこの記事読んで卒倒しそうなくらい激怒中。

    1
  • 匿名さん 通報

    この記事に、驚愕しました。 どうしてこんな残虐な事が出来るのだろうか。 この男は凍傷で両手両足を切断された状態で生きていけ。自分の犯した残虐行為を理解してから死ね。

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら