かつて少々ワイルド化が進み、‟とりわけ派手な遊び人”だったパリス・ヒルトンとの交流もあり「もうキャリアはおしまいではないか」とも囁かれた歌手ブリトニー・スピアーズ。その当時、2人に合流し一緒に行動する姿を撮られたのが同じく‟お騒がせセレブ”リンジー・ローハンであったが、実はこのリンジー、いわゆる「招かれざる客」だった可能性が高そうだ。

かつて‟一緒に外出する姿”を撮られたパリス・ヒルトン、ブリトニー・スピアーズ、そしてリンジー・ローハンだが、パリスは昔からリンジーのことをどうしても好きになれなかったようだ。2013年にはパリスの弟がリンジーの知人男性に殴られる事件も発生、パリスは当時も「リンジーと仲直りする気はない」と断言していたのだ。

そのパリスがこのほど豪『MTV』のインタビューに応じ、「ブリトニー・スピアーズ&リンジー・ローハンと共にクラブに出かけた」とされる2006年撮影の写真を見せられ、このように述べた。

「本当はブリトニーと私だけだったの。」
「そこにリンジーが追いかけてきて、車に乗り込んできたのよ。」
「彼女のことは招待もしていなかったわ。」
「(招待客の)リストにもリンジーの名前は載っていなかった。」

ちなみにパリスとリンジーも一時は仲が良かったのだが、パリスの親友男性がリンジーに関しカメラの前で悪口を炸裂。パリスは彼をたしなめるどころか爆笑するしまつで、その頃にはすでにパリスとリンジーの関係は悪化していたとみられる。最近は表面上かつて少々ワイルド化が進み、‟とりわけ派手な遊び人”だったパリス・ヒルトンとの交流もあり「もうキャリアはおしまいではないか」とも囁かれた歌手ブリトニー・スピアーズ。その当時、2人に合流し一緒に行動する姿を撮られたのが同じく‟お騒がせセレブ”リンジー・ローハンであったが、実はこのリンジー、いわゆる「招かれざる客」だった可能性が高そうだ。