佐藤すみれ SKE48卒業公演を終えて「めげずに続ければ良いことある」

佐藤すみれ SKE48卒業公演を終えて「めげずに続ければ良いことある」
卒業公演での佐藤すみれ(中央)(画像は『佐藤すみれ 2017年12月21日付Twitter「愛があればなんだって乗り越えられる」』のスクリーンショット)
12月19日、SKE48劇場で『チームE「SKEフェスティバル」公演 佐藤すみれ劇場最終公演』が行われた。2008年にAKB48の7期生として加入、2014年にSKE48へ移籍した佐藤すみれ。年内でアイドル活動を終えると芸能界を引退して「普通の女の子に戻ります」という。その彼女が12月21日に『佐藤すみれ(sumire_princess)ツイッター』で「愛があればなんだって乗り越えられる」とつぶやき、卒業公演を振り返った。

『SKE48支配人 湯浅洋(SKE48_YUASA)ツイッター』に公開された「佐藤すみれ劇場最終公演後のコメント」で、そんな彼女の思いが聞かれる。

6歳で芸能事務所にスカウトされアイドルを目指した佐藤すみれは、現在24歳となる。夢見たアイドルとしてAKB48とSKE48で過ごした9年とともに「18年間、表に立つお仕事をしてきた。いろんなことがあったな、やりきったな、と自分に拍手を送っているところ」と感慨深げだ。

11月6日にグループから卒業する意思を発表した佐藤は、12日に行われた『第1回SKE48ユニット対抗戦』にて松井玲奈の卒業シングル『前のめり』でセンターを務めた。今でも「あの曲でセンターをできたのは意味があるし、自分でもグッときた」と当時を振り返る。

また、チームEの劇場公演をCD化した『SKEフェスティバル』(2017年9月27日発売)について「チームEでCD出せたことも凄く嬉しかった」という。AKB48からSKE48チームEに移籍した彼女は、年長メンバーとして

あわせて読みたい

気になるキーワード

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2017年12月21日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「二村春香」のニュース

次に読みたい関連記事「二村春香」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「加藤玲奈」のニュース

次に読みたい関連記事「加藤玲奈」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大場美奈」のニュース

次に読みたい関連記事「大場美奈」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。