50歳男との結婚を強いられた10歳少女 儀式直前に警察が保護(パキスタン)

50歳男との結婚を強いられた10歳少女 儀式直前に警察が保護(パキスタン)
結婚の儀式直前に保護された10歳少女(画像は『Mirror 2017年12月21日付「Police dramatically rescue girl, 10, being forced to marry man, 50, just before contract is signed」(Image: Caters News Agency)』のスクリーンショット)
貧困と教育の欠如、さらには文化が背景となりパキスタンでは児童婚が絶えない。このほど借金を抱えた両親によって50歳の男に嫁がせられそうになった10歳女児を、すんでのところで警察が阻止した。しかし花婿となる男は現場から逃走し、現在も警察の捜査は続いているという。『Mirror』『Storytrender』『The Sun』などが伝えた。

パキスタンのシンド州サンガールで12月19日午前11時頃、「10歳少女と50歳男の結婚が執り行われる」という情報を得た警察はすぐに出動、キプロ村に住むムハマンド・メハーの家宅捜索を行った。

そこでは10歳のパサーニ・マングリオちゃんと50歳のジートマル・メハーと結婚の儀式が行われようとしていたところだった。パサーニちゃんは父親の年齢に近い男のもとへ嫁ぐことを両親から強制されたという。母親を含む11人が逮捕となり、パサーニちゃんは無事に児童婚の犠牲者となることを免れた。

逮捕後、パサーニちゃんの母親マスマット=ナビアット・マングリオは「病気の夫の治療費のために借金をしなければならなかった。だが返済が叶わず、取り立て屋からの圧力もあった。返済しなければ家を売られると思ったし、夫や私も他に選択肢がなかった」と話している。

ある日、パサーニちゃん一家の内情を知った仲介人ムハマンドは一家に連絡し、娘をジートマルと結婚させることに同意するなら日本円にしておよそ82万円を出すことをオファーした。一家が抱えていた借金は52万円ほどだったが、花婿となるジートマルからも持参金は一切必要ないこと、結婚費用は全て花婿側が負担することを持ちかけられ、両親は娘を結婚させることに同意したのだ。

当時の記事を読む

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

海外ニュースランキング

海外ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年12月27日の国際総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。