先日、自身のTwitterにセクハラ撲滅に賛同する“お門違い”なコメントをつぶやき、世界中からバッシングされたイヴァンカ・トランプ(36)。米時間10日には、父ドナルド・トランプ大統領の上級顧問を務める夫ジャレッド・クシュナー氏の37歳の誕生日をInstagramで祝福したが、そこで使用された写真が大きな波紋を呼んでいる。

「お誕生日おめでとう、ジャレッド! 夢のような申し分のない素晴らしい父親、夫、そして親友でいてくれてありがとう。」

そのような言葉を添えて投稿した写真には、仲睦まじそうに並んだジャレッド・クシュナー氏とイヴァンカ・トランプが写っている。右手を夫の肩に回し、左手を自身のお腹に添えてポーズを取るイヴァンカ。そのふっくらしたお腹は明らかに妊娠中と思われ、これに人々は驚きの反応を示した。

「4人目妊娠?」「誕生日とオメデタで二重のお祝いだね!」「イヴァンカ、また妊娠?」といった多くのコメントが届いたが、実はイヴァンカは妊娠していない。『Us Weekly』によれば2016年1月、第3子セオドア・ジェームズくん(現在1歳9か月)を妊娠中に撮影したものだったようだ。誤解を招くことを避けるため、イヴァンカ自身も後に「#Throwback(過去を振り返る懐かしい写真投稿)」とタグを後から付加している。

この紛らわしい投稿に対して、「オプラ・ウィンフリーへの見当違いなコメントについてこれ以上触れてほしくないから、こんなことをしてるのでは?」「自分の場違いな#TIMES UPツイートから話題を逸らそうとしているのが見え見え」などとSNSには鋭い意見が相次いだ。