396グラムで誕生した赤ちゃん、元気に育つ(印)

396グラムで誕生した赤ちゃん、元気に育つ(印)
低出生体重児の女の子(画像は『The Sun 2018年1月13日付「‘REAL LIFE MIRACLE’ Baby girl born 3 months premature weighing less than a bar of chocolate survives against all odds」(IMAGE: NEWSLIONS / SWNS)』のスクリーンショット)
インドでこのほど、大人の手の平に収まるほどの低出生体重児だった赤ちゃんが健康に育っていることが話題となっている。『New York Post』『The Sun』などが伝えた。

インドのラージャスターン州に住むシータさん(Seeta、48)とギリラジさん(Giriraj、50)の間に生まれたマヌシちゃん(Manushi)は生まれた時の体重が14オンス(396グラム)で、身長は8.6インチ(21.8センチ)と大人の手の平にのるほどだった。足の大きさにおいては大人の手の親指の爪にも満たない状態の低出生体重児である。

昨年、母親のシータさんは妊娠中に高血圧で危険な状態に苦しんでいた。妊娠28週目に超音波検査を受けた際、胎盤への血流が不足していることが判明したため、昨年6月15日に緊急帝王切開となった。こうしてマヌシちゃんは通常より3か月も早く誕生したが、その皮膚はとても薄く、肺や心臓、脳、腎臓等の臓器がまだ充分に発達していな状態だった。

マヌシちゃんは人工呼吸器をつけられ集中治療室へと移されたが、当時の両親は医師から0.5%ほどの生存率しかないことを告げられた。ジヴァンタ小児病院(Jivanta Children’s Hospital)の新生児専門医の主任であるスニル・ジャンゲッド医師(Dr Sunil Janged)は、マヌシちゃん誕生時のことを以下のように語っている。

「彼女が生まれた時、何が起こるか予測不能でした。息をするのが苦しそうだったために人工呼吸器をつけ、まだ十分に発達していない肺を膨らませて呼吸を助ける治療をしました。」

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る 2018年1月18日の国際総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国際総合ニュースアクセスランキング

国際総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

海外の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

世界の経済情報、政治、外交、宗教や事件など世界中の情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら