ハリー・スタイルズに「ジェームズ・ボンドを演じられる逸材」の声 一方でエド・シーランは…

そんなハリーの抜擢にあたっては「超有名人だから」という点はノーラン監督の頭にはなかったらしく、監督は「彼自身が実力でゲットした役」「そもそも僕は彼がどれほどの有名人なのかも知らなかった」と断言していた。また映画公開後には、専門家達やメディアが以下のようにハリーを評価した。

「クリストファー・ノーラン監督がハリーをキャストに抜擢したのには驚いた。でもその選択を称賛したい。」
「ハリーの演技が上手だったのかという質問ですが、答えはこう。彼は良い役者です。」
「これで映画俳優としての道が開けました。ハリーがそれを望めば…の話ですが。」

一方で同じく歌手でハリーの友人でもあるエド・シーランは、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に登場。こちらについてはおおいに酷評され傷ついたとされているが、その要因をメディアは「ドラマでの姿がいつもの“エド・シーラン”のままだったせい」と分析している。エドはドラマ用衣装こそ着用したものの雰囲気は普段のままで、しかも歌う場面もあったせいで「エドのまんま」「これではドラマにのめりこめない」という視聴者の声が多くあがったのだそう。ハリーは映画に出演するにあたり長かった髪も切り、遠い母国に帰るべく必死になる兵士を熱演。歌手、そしてアイドルというイメージを完全に封印して臨んだのも大正解だったようだ。またハリーは以前より演技に興味を持ち、オファーされる役を慎重に選び撮影前にしっかり準備をして挑んだという。しかし普通っぽい雰囲気が逆に光るエドだけに、良い条件さえ整えば“味のある役者”として俳優業で成功する可能性も十分ありそうだ。

画像は『harrystyles 2012年6月28日付Instagram「Thanks to @LondonLovesLa for my new tshirt!!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あわせて読みたい

TechinsightJapanの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「アリアナ・グランデ」のニュース

次に読みたい関連記事「アリアナ・グランデ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「テイラー・スウィフト」のニュース

次に読みたい関連記事「テイラー・スウィフト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「レディー・ガガ」のニュース

次に読みたい関連記事「レディー・ガガ」のニュースをもっと見る

海外セレブニュースアクセスランキング

海外セレブランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年1月28日の海外セレブ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

ハリウッド俳優や注目のモデルや、海外のゴシップ情報、噂話をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。