1月29日深夜に放送されたラジオ番組『菅田将暉のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に松坂桃李がゲスト出演した。同じ事務所の先輩と後輩にあたる2人だが、面と向かって話すのは忘年会以来だという。お互い「連絡は取らない」「飯にもいかない」、でも「仲が悪いわけでも良いわけでもない」「兄弟っぽい距離感」という関係だ。松坂は映画『不能犯』のプロモーションを兼ねて今回の生出演となったが、しゃべることがなくてリスナーが眠くなってしまうのではと懸念したという。ところがあるキーワードをきっかけに、ハイテンションとなるのだった。

2人は同じトップコートに所属しており、松坂桃李は2009年2月から放送されたスーパー戦隊シリーズ『侍戦隊シンケンジャー』の主人公・志葉丈瑠(シンケンレッド)役で俳優デビューする。菅田将暉は2009年9月スタートの平成仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーW』でフィリップ(仮面ライダーW)役で初出演・初主演を飾った。

その年のヒーローものでトップコートの2人が主演した形だ。ただ、お互いに「オーディションで勝ち取った。何の裏もない」と明言した上で、菅田が2人を「トップコートレンジャー」とたとえれば、松坂は「弱そうだな」と突っ込んでいた。ちなみにスタッフによるとトップコートは最近、ヒーロー役がなく「レンジャーもの氷河期」らしい。

そのような話題でトークが進むなか、菅田が「夜1時とか普段は何をされてます?」と聞いたところ、松坂から「寝てるか、遊戯王やってる」と返ってきたので爆笑した。「今日は『不能犯』の宣伝ですよね?」と笑いをこらえながら確認するが、松坂は生き生きした口調で「カードゲームの『遊戯王』、最近はアプリでできるんですよ」と話し始めたのである。